バイクでコミケに行く

バイク買うとどっか行きたい欲が出てきて精神衛生に良いですね。引きこもらないので

きっかけ

僕はコミケは猛暑or極寒のため基本不参加でいつも委託かお使いを頼んでいるのだけど、今年は折角バイクを買ったのでコミケに参加しようと思った。でも車での参加はやめろって公式が言ってるし周りに駐車場もないしどうなんやろ…って思ってたら、西ホールの横の船着き場あたりに臨時バイク駐車場が爆誕するとの情報を見つけたので試してみた。

詳細はこちらの方の記事まで

splendorfamily.hatenablog.com

1日目

朝5時前に家を出て、そのまま環七をぐるっと走ってビッグサイトへ。

5時半過ぎ頃に着いたけど、こんな朝早く行って大丈夫かな…と思ってたら案の定だめだったっぽくて、周囲に駐車場待ちのバイクがちらほら停まってた。僕もそれに混じって適当に停めてWebカタログ見てたりして時間を潰した。

6時30分ごろに警備員が車で来て駐車場開設の準備を始めた。

すぐ開くのかと思ったら意外と長々と準備してて、実際に開いたのが7時くらい。んーちょっと遅いかな… とはいえ駐車場用意してくれるだけ有り難い話である。開設直前に来てるバイクはロータリー部分の円になってるところの外周いっぱいバイクが停まってる程度だったのでそんなに混まないと思う。とはいえ昼過ぎに帰ろうと思ったら結構埋まってたので9時とかに来たら怪しいかもしれない。

そこから無事東待機列に入って、東雲のシミと化し、艦これ島を漁って帰った。入場できたのが10:30過ぎとかだったのでアレ。3日目は本番なので他の手段を考える。

ちなみに僕が帰る頃(13:30)の駐車場はこんな感じ。ミーティングかな?

2日目

特に用事もないので体力温存のため自宅待機。

3日目

俺たちプロデューサーとしては今日が本番である。目標は開幕東4。

臨時駐車場の存在は有り難いが開設を待ってると死んでしまうので他の手段を考えることにした。最終的に固まったのは、バイクで新木場の近くにある夢の島公園第一駐車場に停めて、そこからりんかい線の新木場始発に乗るというもの。

この方法を使うと、この駐車場はバイクだと1回200円と臨時駐車場より安く、24時間営業なので早朝から入れて、空いてると評判の新木場始発に乗って5時半には待機列入りすることができる。我ながら天才すぎる。

というわけで4時過ぎには家を出て、首都高を飛ばして夢の島公園第一駐車場に向かった。

5時前に駐車場に到着。流石に誰も居なかった。一応ここは夢の島公園の駐車場なので、施設を利用するわけでもない人間が停めるのはどうなんだろうな、と思いつつ、商業施設の駐車場じゃないしな…と考えて停めた。バイクだと場所食わないし…(震え声

そのまま5分程度歩いた場所に新木場駅がある。既におたくの行列ができていたけど、そんなに混んでいなかった。流石

写真めっちゃブレてるけど200人程度かな。5時に改札が開いてオタクが流れ込んでいった。りんかい線は普通に角席に座ることができたので新木場始発は素晴らしい。

発射直前の車内は流石に快適とは言えない混み具合だったけど、通勤ラッシュよりは混んでなかった。通勤ラッシュが終わって行楽おばちゃん軍団が乗り始めてくる時間帯の混んでる東海道線みたいな感じ。まぁ僕は角席なので関係ないです

予定通り5時半には西待機列に入ることができた。場所はこのへん。

大井町方面からオタクに押しつぶされながら来ることを考えたら、新木場から椅子に座ってゆっくり来てこの位置というのはだいぶ苦労対効果があると思う。

ちなみに後から来た友人は武蔵野大学のほうまで飛ばされたらしい。

10時の開場の時点ではこの位置にいた。やっぱ新木場始発は最強やな!

ちなみに開幕東4を狙いつつ西にいるのは、3日目は東列めっちゃ混むだろうなと思ってたのと、東ホールの配置的に東に入館しても東4まで距離があるので、いっそ西から入って渡り廊下通って行ったほうが近いのでは?と考えたため。結果として正解でした。ただ渡り廊下が死ぬほどオタク臭い。

東4到着後はもう何も考えずにリスト消化に徹した。おかげで完売前に全部回ることができて本当に良かった。

昼過ぎに知り合いのオタクと合流して互いのお使いの品を交換し、僕はそのまま新木場まで行ってバイクに乗って帰った。死ぬほど疲れてしまって帰宅即寝た。

今思ったけど収穫という表現はあまりよくないね。ちなみに上の写真にはダブってる本が2種類あるので暇な人は探してみてね。

結論

新木場始発は最強なので新木場に住めばすべて解決する