普通二輪教習の記録 8,9時間目

めっちゃ雨降っててつらい。

8時間目

教官は初回担当してくれた人だった。今回はAT車(ビッグスクーター)に乗る時間ということで、車種は覚えてないけど400ccのビクスクに乗った。

普通に椅子に座るみたいな感じで乗るので、滑り落ちそうな感覚になった。あとめっちゃ曲がりづらい。でも操作は脳死でスロットル回すだけなので簡単だった。なーんも考えずに街を乗り回すなら便利かもしれないけど、MTでわちゃわちゃしながらその場の状況に合わせて走っていくみたいなのをやりたいので、やっぱATは要らないかなぁってなった。見た目的にもそんな好みじゃないしね。

一緒に受けた教習生はおじさんで、AT限定からMT大型を取るとのことだった(ビクスクを持ってるらしい)のだけど、長いことビクスク乗ってたからかライポジだなんだに癖がついちゃっててかなりの頻度で教官から指摘されてた。癖って治らないよね。頑張ってほしい。

そんな感じで練習コースを適当に走ってたら時間が終わった。慣れてくるとひたすらコースをぐるぐる走るだけで時間が終わるみたいになってきて書くことがない。

9時間目

第一段階最後の時間ということで、第二段階に進むための所謂みきわめをすることとなった。

とりあえずコースは頭に入れておいたので、教官が後ろからついてくるのでコース通りに走った。スラロームが若干怪しかったり曲がるときに右に寄っちゃうことがあったりと微妙な点はあれど、まぁ良いでしょうとのことだった。

その後、コースをもう1周してからスラロームを練習した。スロットルの感覚は掴んだつもりだったんだけど、調子に乗ってパイロンに突っ込んだのでもうちょっと練習したい。

次回から第二段階…のはずなんだけど、実は学科が終わってない(面倒…)ので早いこと終わらせてしまいたい。

感想

コースは走ってるうちに覚える