Macのインターネットリカバリで死にかけた話

こんばんは.

人権BookProが無事着弾しました.圧倒的な人権を感じています.

で,高校生の頃から長らく使っていたMacBookAirが不要となったため,うちの先輩に破格で譲ることにしたわけですが,データを削除してOSを再インストールする際に色々と問題が発生したので,同様の問題で困っている人の助けになればとメモ.

 

1.リカバリできない

最初に躓いた点です.起動時に⌘+RでOSXユーティリティを開き,パーティションをキレイキレイしたうえでOSXを再インストールという項目を選べば,本来なら無事終了のはずです.本来なら.

ところが残念なことに,(詳細なエラーメッセージは忘れましたが)インストールができませんでした.つらい…

これはインターネットリカバリ機能を用いることで回避することができます.インターネットリカバリはoption+⌘+Rを押しながら起動することで,リカバリに必要なファイルをインターネット経由でDLしてくれる機能です.

 

2.インターネットリカバリできない

絶望しました.

画面上で地球がぐるぐる回っているなか,家の無線LANに接続して画面遷移を待ち続けること10分.地球の回転が止まり,不穏なエクスクラメーションマークと共にエラーコードが…

これは回線に問題があります(多分).原因は不明ですが,テザリングや公衆無線LANに繋げることで解決します.通信規制を覚悟でテザリング使うのが手っ取り早いですかね.

3.それでも無理

Appleに行きましょう.

彼岸花にIPアドレスを割り振った話

そうえいば結構前に秋月電子彼岸花の球根を売り始めましたね.

f:id:protocol1964:20160926024151j:plain

そして大抵の秋月ユーザの考えることは同じなようで…

 

f:id:protocol1964:20160926024801j:plain

例に漏れず自分も自動水やり装置作り始めました.途中ですが完成が見えてきました.

主にRPiで制御しています.センサ類はとりあえず現状は温湿度計と土壌湿度計のみ.照度計でもつけようかな~とも思っていたり.

基本的には土壌湿度計の値によって自動で水をやるシステムですが,単純にそれだけだとつまらないので温湿度のモニタリングと,Webカメラを付けて外部からでもカメラ映像とセンサ値が見れるようなWebサイトを作成中.あとはそのカメラを使って定点観測でもさせようかなと.

どうやらウチの大学はLANに繋げるとグローバルIPが割り振られるそうなんですが,流石に外部からは見えないので,出先から様子を見る時はVPNで学内LANに繋げてやる必要があります.

ウチの大学は無線LANSSIDが3つくらいあって,ひとつが来客用,2つ目がWPA2認証後にブラウザから学籍番号とパスワードで認証するやつ,3つ目がWPA2エンタープライズとかいうやつ(正直無線LAN関係の知識が無いのでアレですが).学内の人向けの話になりますが,GUESTとWLAN(無印)とDOT1Xのアレです.

pingを飛ばしてみた結果,両方の端末がDOT1Xに繋がっているとどうやら通信できない様子.どちらか片方がWLAN(無印)だったら通信できるみたい.この装置は24時間常時稼働している必要があるので,いちいち認証していられないのでDOT1Xに繋がっていますが,WLAN(無印)からでないとアクセスできなくなっています.これは大学の仕様なので仕方ないですね.ちなみに有線LAN,もしくはVPN経由での接続は確認できました.

大学のネットワーク周り正直よく理解していないので,ここらへんとか見て勉強しておきます.

ちなみにRPi内ではnodejsが動いていて,httpサーバからセンサの値管理,水やりなど基本的にはnodejsで全て処理しています.最終的には,現在ブレッドボードで済ませている部分について基板を彫って見栄えよくしたいですね.

ありがとうサイゲームス

ついに来てしまった

 

 

無料石チャレンジ

 

 

決意

 

 

 

 

 

 

お疲れ様でした

 

 

 

 

ありがとうサイゲームス

ありがとうユッコ

 

 

9/10 追記

 

 

スペクトラムアナライザを作った

最近知り合いに騙されてデレステを始めました.

夏休みに入ったので,何かモノを作ろう…という気持ちでとりあえずひとつ作りました.

f:id:protocol1964:20160811220038j:plain

64Hzから8kHzまでのオーディオ用スペクトラムアナライザ.中身はオペアンプを用いたBPFで,LEDアレイの駆動は対数スケールのレベルメータIC(LM3915)を使用.高かった.筐体の見た目は…うん…

本当は前面と左右を覆う白いプラ版もあったけど,思ったような見た目にならなかったので没に…次作る時はCNCを使って筐体の加工をしたいですね.アルミを曲げる工具も欲しい.(今回は万力で力技でした)

 

f:id:protocol1964:20160811215939j:plain

全部光らせたところ.青色LEDは正義だってはっきりわかんだね.

 

youtu.be

実際に動かすとこんな感じ.一番下のLEDが死んでますが気にしないでください…

 

回路図は特に描いてないですが,LM3915のデータシートと

オペアンプ多重帰還型バンドパス・フィルタ計算ツール

あたりを見ながら作りました.

 

最後まで(?)作りきった電子工作はこれが初めてだったので,色々と知見が得られました.たまに128HzのBPF回路が発振して死ぬことがあるので,色々と改良の余地がある(余地しかない)と思いました.

次はアナログ回路でなくマイコンを用いたスペクトラムアナライザを作りたいです.

 

ゆっこさんSSRまだですかね…