バイクでコミケに行く

バイク買うとどっか行きたい欲が出てきて精神衛生に良いですね。引きこもらないので

きっかけ

僕はコミケは猛暑or極寒のため基本不参加でいつも委託かお使いを頼んでいるのだけど、今年は折角バイクを買ったのでコミケに参加しようと思った。でも車での参加はやめろって公式が言ってるし周りに駐車場もないしどうなんやろ…って思ってたら、西ホールの横の船着き場あたりに臨時バイク駐車場が爆誕するとの情報を見つけたので試してみた。

詳細はこちらの方の記事まで

splendorfamily.hatenablog.com

1日目

朝5時前に家を出て、そのまま環七をぐるっと走ってビッグサイトへ。

5時半過ぎ頃に着いたけど、こんな朝早く行って大丈夫かな…と思ってたら案の定だめだったっぽくて、周囲に駐車場待ちのバイクがちらほら停まってた。僕もそれに混じって適当に停めてWebカタログ見てたりして時間を潰した。

6時30分ごろに警備員が車で来て駐車場開設の準備を始めた。

すぐ開くのかと思ったら意外と長々と準備してて、実際に開いたのが7時くらい。んーちょっと遅いかな… とはいえ駐車場用意してくれるだけ有り難い話である。開設直前に来てるバイクはロータリー部分の円になってるところの外周いっぱいバイクが停まってる程度だったのでそんなに混まないと思う。とはいえ昼過ぎに帰ろうと思ったら結構埋まってたので9時とかに来たら怪しいかもしれない。

そこから無事東待機列に入って、東雲のシミと化し、艦これ島を漁って帰った。入場できたのが10:30過ぎとかだったのでアレ。3日目は本番なので他の手段を考える。

ちなみに僕が帰る頃(13:30)の駐車場はこんな感じ。ミーティングかな?

2日目

特に用事もないので体力温存のため自宅待機。

3日目

俺たちプロデューサーとしては今日が本番である。目標は開幕東4。

臨時駐車場の存在は有り難いが開設を待ってると死んでしまうので他の手段を考えることにした。最終的に固まったのは、バイクで新木場の近くにある夢の島公園第一駐車場に停めて、そこからりんかい線の新木場始発に乗るというもの。

この方法を使うと、この駐車場はバイクだと1回200円と臨時駐車場より安く、24時間営業なので早朝から入れて、空いてると評判の新木場始発に乗って5時半には待機列入りすることができる。我ながら天才すぎる。

というわけで4時過ぎには家を出て、首都高を飛ばして夢の島公園第一駐車場に向かった。

5時前に駐車場に到着。流石に誰も居なかった。一応ここは夢の島公園の駐車場なので、施設を利用するわけでもない人間が停めるのはどうなんだろうな、と思いつつ、商業施設の駐車場じゃないしな…と考えて停めた。バイクだと場所食わないし…(震え声

そのまま5分程度歩いた場所に新木場駅がある。既におたくの行列ができていたけど、そんなに混んでいなかった。流石

写真めっちゃブレてるけど200人程度かな。5時に改札が開いてオタクが流れ込んでいった。りんかい線は普通に角席に座ることができたので新木場始発は素晴らしい。

発射直前の車内は流石に快適とは言えない混み具合だったけど、通勤ラッシュよりは混んでなかった。通勤ラッシュが終わって行楽おばちゃん軍団が乗り始めてくる時間帯の混んでる東海道線みたいな感じ。まぁ僕は角席なので関係ないです

予定通り5時半には西待機列に入ることができた。場所はこのへん。

大井町方面からオタクに押しつぶされながら来ることを考えたら、新木場から椅子に座ってゆっくり来てこの位置というのはだいぶ苦労対効果があると思う。

ちなみに後から来た友人は武蔵野大学のほうまで飛ばされたらしい。

10時の開場の時点ではこの位置にいた。やっぱ新木場始発は最強やな!

ちなみに開幕東4を狙いつつ西にいるのは、3日目は東列めっちゃ混むだろうなと思ってたのと、東ホールの配置的に東に入館しても東4まで距離があるので、いっそ西から入って渡り廊下通って行ったほうが近いのでは?と考えたため。結果として正解でした。ただ渡り廊下が死ぬほどオタク臭い。

東4到着後はもう何も考えずにリスト消化に徹した。おかげで完売前に全部回ることができて本当に良かった。

昼過ぎに知り合いのオタクと合流して互いのお使いの品を交換し、僕はそのまま新木場まで行ってバイクに乗って帰った。死ぬほど疲れてしまって帰宅即寝た。

今思ったけど収穫という表現はあまりよくないね。ちなみに上の写真にはダブってる本が2種類あるので暇な人は探してみてね。

結論

新木場始発は最強なので新木場に住めばすべて解決する

道志みちツー

CB250R乗りの大学の先輩と道志みち行ってきた。僕にとっては初のワインディングということになる。

f:id:protocol1964:20180830033244j:plain

海老名SAで待ち合わせて、そのまま圏央道→オギノパン→道志みち→道の駅どうし といった感じで向かった。色々写真撮りそこねた。

f:id:protocol1964:20180830034150j:plain

道中ちょっと逸れたところにエビラ沢の滝というのがあって、寄り道して写真を撮ってきた(それだけ)。バイクは目的地に一直線に向かうよりもちょっと寄り道するのも楽しみの一つだなと思った。

f:id:protocol1964:20180830034252j:plain f:id:protocol1964:20180830034258j:plain

いいですね。

道志みちをだらだら走りつつ道の駅どうしに到着。写真は忘れた。

f:id:protocol1964:20180830034501j:plain

これは道の駅の裏手を流れる道志川。中学の頃に修学旅行かなにかで行った覚えがある。

f:id:protocol1964:20180830034715j:plain

都心は地獄のように暑かったのに山は涼しくて走りやすかった。ワインディングロードを走るのは初めてだったので、暑さで体力を削られることなく走れたのは結構良かったのかもしれない。

ちなみに帰りに謎ムーブで津久井湖まで行って、ちょうど初回点検の距離を稼いだ。

f:id:protocol1964:20180830035038j:plain

1週間で800km… ニートは時間があっていいですね。とりあえずこのまま店に持っていって初回点検に出します。

走るのもだいぶ慣れてきた感がある。加速が素晴らしい…

Ninja400納車と初公道とガバインプレ

Fooooooooooo~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!

f:id:protocol1964:20180830030022j:plain

納車しました。Ninja400 黒

フルカウルはハンドル切ってもメーターの位置は動かないから最初の一瞬だけ戸惑ったけどやっぱかっこいいですね。

とりあえず納車してそのまま徒歩2分の家に帰るのもあれだったので横浜の実家に戻った。

f:id:protocol1964:20180830030421j:plain

これは一瞬大学に寄って工具借りてスマホスタンド取り付けるときに先輩が撮った写真。構図変わらねえな!やっぱこの角度が一番かっこいいですわね

バイクは教習中に公道に出ないので最初のバイク納車後が初公道となるんだけど、にんじゃくんで公道処女散らすのはちょっとアレだったので実は前日に2りんかんでMT-03借りて実家まで走ってたりする。

f:id:protocol1964:20180830030641j:plain

MT-03… 写真だとあまり伝わらないんだけど実物見るとすごいかっこよくてちょっと気が揺らいじゃったね。

というわけで初公道は足立2りんかんの前の環七だったんだけど、駐車場から出るまでに初エンストを無事キメましたね。

教習所内ではせいぜい40km/hしか出したことないので、そのまま流れの早い環七に出て流れに乗って60km/h出したらすごい怖かった。自分の制御能力を超えるものに乗っているみたいな感じがあった。

その後10分くらいビビりながら公道走って、道中タクシーにクラクション鳴らされたりエンストしながらも千住新橋ICから首都高デビュー。公道走行4km程度で首都高デビューは正直死ぬかと思ったんだけど間違えて入っちゃったICだったのでしょうがないね… 60km/hすらビビってたのにランプで80km/hくらいまで加速して本当に胃に穴が開くような気分だったし、当然だけど速度出してれば曲がらないのでその感覚が怖かったけど楽しかった。そのまま絶叫しながら磯子ICまで行って実家に行った。

ちなみに帰りは1号線をひたすら北上するルートで帰った。途中秋葉原の交差点のど真ん中でエンストかまして死ぬかと思ったけど無事に帰れた。

…で、初公道の話はここまでにして、にんじゃくんの話。

免許取り立てなのでインプレできるほどの経験はないけど、教習車(CB400)とさっきのMT-03を乗っての簡単なインプレ。

何よりも「軽い」が最初に出てくる言葉だと思う。車重も170kg弱で教習車より30kg近く軽い。取り回しがすごい楽。車重だけではなくクラッチバーもシフトペダルも断然軽い。教習車はクラッチを力いっぱい握ってペダルをガッコンとやってギアチェンジしてたのだけど、にんじゃくんはほとんど力入れずにスコスコ変えられるのですごい楽しい。クラッチバーなんて壊れてるんじゃないかってくらい軽かった。

エンジン性能に関しては、そもそも慣らし運転で4000rpm以上回せないのでそこまで詳しくみていない(見れない)し、そもそも運転に慣れていないので急加速も怖くてできないのでやってない。でもMT-03は低回転時のトルクが細くて不安だったところが明らかににんじゃくんは太いなと感じた。まぁ排気量の違いなので比べるものではないですね。

唯一しんどいなと思ったのはシートの硬さくらいかな。そもそもSS乗ってる時点で言うことじゃないが… ただ乗車姿勢はかなり楽で、バイクの見た目の割にそこまで前傾姿勢になることもなく背筋ピーンで走ることもできて長距離でも楽そうだなと思った。

とりあえずさっさと慣らし運転を終わらせてレブまで回したい。

普通二輪教習の記録 おわり

忙しくて更新後回しにしてたら完全に存在を忘れてしまってた!というわけで15~19時間目 + 卒検 + 免許交付まで纏めてしまおう。

15~19時間目

あの、ほとんどやることなくて、ひたすらコースぐるぐるだったのでこれと言って書くこと無いんですよね。

一度だけ、1時間まるまる使って急制動の練習をしたくらいかな。第2段階って終盤になると消化試合みたいな感じになるので書くこと無いんです(時間経ってて記憶がないことの言い訳ではない)

卒検

最後の時間が終わって、みきわめも良好ということで卒検の申し込みをした。ちょうど夏になって人が増えだす頃だったので、スムーズに予約が取れてよかった。

当日は教習中に見覚えのある顔が多い6人だった。卒検コースは2つあって、今日は1コースです~と言われた。前も言ったけどこの教習所の卒検コースはカーブの位置が2つずれるだけでほかは何も変わらないのでどちらでも一緒。僕の順番は最後になった。

試験の説明が終わってから試験が始まるまでかなり時間があったので、一緒に受ける人達といろいろ話をした。中にはこないだ後ろから追突されたときの賠償金を使って大型取りに来たとか言ってる人が居たりした。買うバイクの話とかしてるうちに最初の人が呼ばれていったのでまた緊張ムードが漂ってきたけど、喋ってるうちにどんどん順番が進んでいって自分の番になった。最初に行った人は右足ついちゃったから落ちたわ~とか色々嘆いてた。

自分の番になって、二輪の控室から試験開始ポイントまで行って前の人が終わるのを待ってたのだけど、四輪の卒検は外でやるから構内にはほとんど車がおらず走りやすそうだなと思った。実際走りやすかった。

検定中はうしろから検定員がバイクに乗って追いかけてくるんだけど、これといってプレッシャーになることもなくいつもどおり走った。特に失敗はしなかった。苦手だったクランクも通れたしね。

特に失敗したこともなく、後から検定員に聞いた話でも何も減点することがなかったとのことで、書くことがないけど一応受かった。ちなみに一緒に受けた他の5人も受かったらしくて、最初の右足ついちゃったおっさんも嬉しそうだった。

学科試験

晴れて技能試験に合格したので、次は免許センターに行って学科試験を受けなければならない。最寄りの免許センターは東陽町あたりにある江東免許センターで、頑張って朝起きて向かった。そこから先は誘導員の指示どおりに進めていった記憶しかないのだけど、税金で動いてる施設特有の空調が意味をなしていない感じがすごい不快だった。あといわゆるDQNも多くて、大学行ってるとこういう人種とあまり接しないので新鮮だった。

効果測定でひたすら練習してたので試験も普通に合格した。ただ合否発表のときはちょっと緊張したけどね。不合格者はその場でお帰りくださいみたいな感じになるのでかわいそうだなと思った。

その後地味に暑い施設内で待たされてたんだけど、待ってる理由が「免許証の作成は事務員が提出書類を見ながら手打ちしてる」というクソ極まりない理由だったのでキレそうだった。何故電子機器から出力されたデータを目で見てまた入力してるんだこいつらはという気持ちに支配されて穏やかではなかった。誤植ありまくりだしこういうのが税金の無駄っていうんだなぁと思ったけど、ある意味こういう仕事が社会のセーフティネットなのかもしれないと考えて心を落ち着かせた。

その後免許証の写真を撮ったり、免許証にパスワードを設定するという作業をしたのだけど、あまりにもクソすぎて最高だった。なんで機械に入力したパスワードが紙に印刷されて吐き出されてくるんですかね…

そんなこんなで役所仕事の非効率さに驚きながら無事免許を受け取ることができた。写真の襟がすごいずれちゃって謎の引力で右に引っ張られてる人みたいになってしまった。

感想

無事受け取れて嬉しい。

普通二輪教習の記録 14時間目

14時間目

今日はシミュレータとセットの学科です

カーブに高速で突っ込んでウワーッっていうシミュレータ教習をやって、その後いくつかのパターンの危険回避をやった。つまらん。

感想

シミュレータのブレーキが重すぎる

普通二輪教習の記録 12,13時間目

12時間目

今日も基本的にコースを走るだけ。特に変わったことはしなかった。

ただ何故かクランクを通過できなくなってしまって、必ず突っ込むかパイロン倒すようになってしまった… ちょっと練習したいですね。あとスラロームで調子に乗ってたら突っ込んだとかそういう感じ。

13時間目

またコース走るだけかな〜と思ってたら今回は違うらしく、カーブにちょっと早めに突っ込むやつをやった。30kmphくらいで突っ込んで遠心力を感じようね〜みたいなやつだった。

あと、教官が旗を上げたらその旗の色に応じた方向に回避するというやつをやった。特に難しいことはなかった。

一緒に教習を受けた人が大型二輪の人だったので、大型だけある項目としてカーブの姿勢?みたいなやつがあって、せっかくなので一緒に受けた。8の字コースをひたすらぐるぐる回るだけなんだけど、そのときの姿勢をちょっと気をつけるというやつで、所謂リーンインとリーンアウトをやった。

感想

学科がめんどい

普通二輪教習の記録 10,11時間目

やーっと学科終わったので二段階開始

10時間目

二段階はシミュレータから開始。ちょっと古い機種だったのでCGがめちゃくちゃ安っぽいのと、他の車の挙動がリニアな感じで20年前のゲームしてる気持ちになった。

ギア操作してもしなくてもあまり変わらないからATでいくよーと言われて、適当に市街地を走って終了した。バス優先道路でめっちゃバスの進路塞いだりした。あとめちゃくちゃブレーキレバーが重くて死ぬかと思った。適当に走行を振り返って一瞬で終わった。

11時間目

久しぶりに乗ったので最初は若干怪しかったけど、少し走ったらまぁうんといった感じになった。

卒検コースは2つあるんだけど、第一段階では片方の1コースしか走ってなくて、今日は2コースをやることになった。と言っても曲がり角が少し違うだけで他は全く同じなので苦労することがなかった。教官も「ほんとよくこれで公安の許可取れたよなぁ」とか言ってた。

久しぶりに乗ったのでクランクで突っ込んだ以外は概ね良好。坂道でちょっと下がっちゃったくらいかな。

感想

学科が面倒