普通二輪教習の記録 10,11時間目

やーっと学科終わったので二段階開始

10時間目

二段階はシミュレータから開始。ちょっと古い機種だったのでCGがめちゃくちゃ安っぽいのと、他の車の挙動がリニアな感じで20年前のゲームしてる気持ちになった。

ギア操作してもしなくてもあまり変わらないからATでいくよーと言われて、適当に市街地を走って終了した。バス優先道路でめっちゃバスの進路塞いだりした。あとめちゃくちゃブレーキレバーが重くて死ぬかと思った。適当に走行を振り返って一瞬で終わった。

11時間目

久しぶりに乗ったので最初は若干怪しかったけど、少し走ったらまぁうんといった感じになった。

卒検コースは2つあるんだけど、第一段階では片方の1コースしか走ってなくて、今日は2コースをやることになった。と言っても曲がり角が少し違うだけで他は全く同じなので苦労することがなかった。教官も「ほんとよくこれで公安の許可取れたよなぁ」とか言ってた。

久しぶりに乗ったのでクランクで突っ込んだ以外は概ね良好。坂道でちょっと下がっちゃったくらいかな。

感想

学科が面倒

普通二輪教習の記録 8,9時間目

めっちゃ雨降っててつらい。

8時間目

教官は初回担当してくれた人だった。今回はAT車(ビッグスクーター)に乗る時間ということで、車種は覚えてないけど400ccのビクスクに乗った。

普通に椅子に座るみたいな感じで乗るので、滑り落ちそうな感覚になった。あとめっちゃ曲がりづらい。でも操作は脳死でスロットル回すだけなので簡単だった。なーんも考えずに街を乗り回すなら便利かもしれないけど、MTでわちゃわちゃしながらその場の状況に合わせて走っていくみたいなのをやりたいので、やっぱATは要らないかなぁってなった。見た目的にもそんな好みじゃないしね。

一緒に受けた教習生はおじさんで、AT限定からMT大型を取るとのことだった(ビクスクを持ってるらしい)のだけど、長いことビクスク乗ってたからかライポジだなんだに癖がついちゃっててかなりの頻度で教官から指摘されてた。癖って治らないよね。頑張ってほしい。

そんな感じで練習コースを適当に走ってたら時間が終わった。慣れてくるとひたすらコースをぐるぐる走るだけで時間が終わるみたいになってきて書くことがない。

9時間目

第一段階最後の時間ということで、第二段階に進むための所謂みきわめをすることとなった。

とりあえずコースは頭に入れておいたので、教官が後ろからついてくるのでコース通りに走った。スラロームが若干怪しかったり曲がるときに右に寄っちゃうことがあったりと微妙な点はあれど、まぁ良いでしょうとのことだった。

その後、コースをもう1周してからスラロームを練習した。スロットルの感覚は掴んだつもりだったんだけど、調子に乗ってパイロンに突っ込んだのでもうちょっと練習したい。

次回から第二段階…のはずなんだけど、実は学科が終わってない(面倒…)ので早いこと終わらせてしまいたい。

感想

コースは走ってるうちに覚える

普通二輪教習の記録 6,7時間目

今日も曇りが続いててそんなに暑くなかった。とても都合が良い。

6時間目

教官は喋り方が穏やかなおじさん。今のところ変な教官に当たってないので良い。

今回から踏切、S字、クランク、坂道が追加された。練習コースに含まれる要素は今回でとりあえず全部含まれることになる。

まず慣らすためにコースを適当に1周し、踏切にそのまま向かう。踏切はただルールに従って動くだけなのでなんの問題もなかった。

次にS字コーナーに入る。連続したただのカーブなのでライン取りがしやすいし、これといって難しいところはなかった。

S字コーナーを出たらクランクに向かった。これが意外と曲者で、直角に曲がってるせいで路肩との距離が大きく変化するためにライン取りが難しかった。自分が思ってるよりもバイクは後ろに長くて、後輪でパイロンを引っ掛けたりすることが多かった。逆にこれを意識しすぎると曲がりきれず突っ込みかけることもあったので、若干不安。

最後に坂道に向かった。実は微妙なスロットルの調整が苦手て、ちょっと回転数を上げようとすると「ブオオオオォォンww」とかやらかすので、慎重に操作するために時間はかかったが、3回もやれば普通にできるようになった。

今回からこれらの要素が追加されたが、それに合わせてコース内の標識、ウインカーを出すタイミング、他の教習車を意識する必要性も出てきた。覚えることは増えたけど、そのぶんバイクの操作はかなり慣れてきたので、意識をまわりに向けることができるようになってきた。

7時間目

前回でとりあえず練習コースの内容を終えたので、この時間では練習コースを周回することになった。

コースは覚えてしまえば良い話なので、あとはコース図をよく読んで覚えるくらいかな。個人的に一番心配なのがスラロームでの姿勢とクランクなので、ここだけもうちょっと練習したい。

あと今回コースを走るにあたって急制動をやったんだけど、前回急制動をやったときは30km/hで行ったので、ちゃんと40km/h出して行った。エンブレのタイミングだけ見直しておきたいけど、制動距離は問題なかった。

惰性でなく、バイクに乗りたいという憧れから通っているためか、本当に1時間が経つのが早い。教習が進むに連れてどんどん早く感じる。7時間目なんて本当にあっという間だった。次回はAT車に乗るらしい。買うつもりは無いけどね。

感想

車体を思い切って傾けるべし

普通二輪教習の記録 5時間目

今日は程よく曇っててそこまで暑くなく過ごしやすい気候だった。バイクは暑いけど今日はそこまででもなさそう。

5時間目

今回の教官はちょっと大柄なおじさん。教習生は僕のほかに普通が1人、大型が1人いた。前回は速度を上げたり急制動をやったりしたけど、今回は方向性が変わり低速走行とコーナリングを重点的にやるとのことだった。所謂8の字と一本橋スラロームを行う。

まずバイクに跨り、慣らしのために教習コースを適当に1周した後、8の字コースを低速でぐるぐると回り続けた。低速でのコントロールは主に半クラと後輪ブレーキを使っていくのだけど、前の人に近づきすぎちゃって速度を落としてふらついたり、エンストさせてしまったりと最初はかなり歪なラインで走っていたが、何周かしているうちに低速でもある程度安定して曲がることができるようになってきた。ただ完璧にはこなせないので、もうちょっと練習したかったかな。

8の字が終わると次は一本橋スラローム一本橋は二輪教習の難関のひとつとよく聞いていたので、どんなものかと身構えていたのだけど、思ったより幅が広くてちょっと安心した。最初の1回目は3mも乗れずに落ちてしまったのだけど、ニーグリップを意識した途端にまっすぐ低速で走れるようになった。意外と簡単だった。ちょっと慣れてくると調子に乗った頃に速度落としすぎてふらついたりしたのだけど、最後の方では結構まっすぐ走れるようになったと思う。コツは掴んだ気がする。卒検の一本橋は問題ない… と願いたい。

一本橋から降りたら次はそのままスラロームが待っている形で、一本橋スラローム一本橋… と、5時間目の終わりまで繰り返した。スラロームは最初はアイドリングでハンドルだけ曲げてビビりながら曲がっていたのだけど、3周するくらいからはスロットルを回す長さとタイミング、目線の位置、ニーグリップを意識するようになって、身体をちゃんと傾けてある程度の速度で通過できるようになったと思う。身体を傾けて曲がれると楽しいし、なによりカッコいい。

ひたすら一本橋スラロームを繰り返して時間が終わってしまったのだけど、結構楽しくてあっという間だった。教官に「そろそろ帰るよ〜」と言われたときは「え、もう時間なん」といった気持ちになったくらい、今回の時間の流れは早かった。

感想

ニーグリップ大事

普通二輪教習の記録 3,4時間目

昨日の雨のおかげでだいぶ涼しいのでだいぶ過ごしやすい。

3時間目

今日は僕一人だけらしい。教官はメガネかけたお兄さんだった。今日はサードまで入れて加速とブレーキングの練習をするとのことだったので、そこらへんの説明を受けてから乗車。

「まず軽く慣らしで走るよ〜」と出発した瞬間にエンストした。半クラじわじわね

直線区間で一旦降りて、教官の後ろに乗ってギアチェンジと加速、ブレーキングの雰囲気を体験した。吹き飛ばされそうだったけどメーター見たら大した速度出てなくてビビった。その後は自分で運転して直線区間で速度出したり、内側の信号とかワチャワチャしてるところでウインカーだして曲がる練習とかをやった。速度出してるつもりでも25km/hしか出てなくてびっくりした。

最初の頃はウインカー消し忘れまくったり無意識的にリアブレーキかけながら走ってたり、クラッチ握りながらスロットル回しちゃってクラッチ戻した瞬間に吹き飛ばされそうになったり、停車時にエンストしたり、しまいには右に曲がる指示があったにもかかわらず左に曲がってそのままコケたり(オタクは左右がわからない)と色々あったけど、次の時間まで1時間空きがあったのでよくイメトレと復習しておいてねという感じで終わった。復習します…

駐車場にバイクを止めて降りたらバランス崩して危うく倒すところだった。バイクはある程度傾くと一気に荷重が襲いかかってくるから怖いね。

といった感じで急に色々要素が増えてきたので操作が追いつかないことが増えてきたのだけど、ギアチェンジとかに関してはこの時間が終わる頃には無意識的にできるようになってきたので、こんな感じで色々身体に叩き込んでいきたいなぁと思いながらコース図とにらめっこして1時間の復習タイムを過ごした。

4時間目

前の時間の復習をしてから急制動をするらしい。とりあえず1周慣らして、コース内側のワチャワチャしてるところでのコーナリングをいい感じにできるように練習した。相変わらずウインカーは消し忘れるけど、交差点を曲がるときのライン取りは結構慣れてきたと思う。

直線区間ではもっとふかしていいとの事だったので、思い切ってスロットルを回して一気にサードまで上げていったら40km/hくらい出した。狭い教習所で40km/hは思ったより迫力がある。最初は怖かった加速だけど、終わる頃にはもう楽しめるようになってきてた。風切ってる感じがいいね。

ある程度教習コースの走行に慣れてきたら、今度は直線区間急制動の練習をすることになった。検定では40km/hだけど、最初は30km/hでいいよとのことだった。この急制動エンジンブレーキが要らしい。これも最初は教官の後ろに乗って雰囲気を見てから練習。3回くらいやったらいい感じに止まれるようになった。

前の時間と1時間空いたおかげでしっかり復習ができたので、あやふやなところをだいぶ減らすことができたと思う。ただ通常の停止の操作がまだ若干ぎこちないので、ここはもうちょっと意識したほうがいいかなといった感じ。

感想

エンジンブレーキってすごい

普通二輪教習の記録 1,2時間目

教習が始まる前に新車でバイクを買うガイジムーブを無事キメたので、技能教習を進めていく。

その前に

僕の通う某ADACHI☆自動車学校ではグローブは持参することになっている(軍手でもいいらしい)。ヘルメットとプロテクターは(雨の日は雨具も)貸出してくれるんだけど、不特定多数の歴代の教習生の汗が染み込んだヘルメットとかどう考えても被りたくないので、グローブを買うついでにヘルメットも用意することにした。どうせ買うものだしね。

教習所からバスが足立区内の各方面に伸びてるので、適当に学科を受けた帰りに北綾瀬行きのバスに乗り、加平インターの近くにあるナップスというバイク用品店に足を運んだ。

バイク運転したこともないキモオタなので綾瀬のバイク用品店なんて入った暁にはクルーザー乗りの屈強なオッサンに胸倉掴まれるんじゃないかとビビり散らしながら店内をキョロキョロしてた。もちろん実際はそんなことはなく店員さんに頼んで頭の大きさを測ってもらい、あとは財布との相談をしつつSHOEIのフルフェイスを購入した。店員のお兄さんの雰囲気がよかった。その後、SIMPSONのちょっとスポーチーなグローブを買って店を出た。

1時間目

よりによって初回から台風のなか教習を受けることになった。配車券と教習原簿を貰って二輪の控室に行く。初回教習は僕の他に2人(多分高校生くらい)いたのだけど、2人とも普通免許は持ってるようだった。プロテクターと雨具をつけたら教官からバイクについて基本的な説明があり、事前に調べまくったので知っとるがな〜と思いながら話を聞く。教官は坊主のおじさんだったけど人当たりがよく優しそうな感じだった。

教習コースの外側は1周できるようになってるんだけど、この教習所ではある区間だけ普通車以外入っちゃいけない場所があるという話をされた。大人の事情とのことで理由は聞けなかったけど、その区間を見てみるとすぐ隣にマンションがあった。多分… そういうことなんやろな… 都会の教習所は大変ですね。

他の教習のバイクが出ていって駐車場にスペースができると、教官がおもむろに「うわ^〜」とか言いながらバイクを倒しはじめて、「オッこれは例の引き起こしか」となった。200kg以上ある車体は最初ビクともせず焦ったけど、なんとか起こすことができた。他の2人のうち1人は大型車だったのだけど、大型車のほうがタンク位置が低く重心が低いので起こしやすいらしい。ほーん

次はセンタースタンドを立てて実際に跨った。ライディングポジションに関する説明を受けた後、クラッチ握ったりスロットル回したりといった基本操作を練習した。案の定ふかしすぎて「ブオオォォンww」とかなったりして、いい音だな〜って遊んだりした。その後はスタンドをしまって実際に跨り、半クラッチの感覚を知るためにブレーキをかけながら半クラして車体が動く感覚を見たりなどした。

最低限の基本操作の練習後、取り回しの練習として教習コースの真ん中あたりまで押して歩いた。教官が「じゃあここらへんで止まってね〜」というあたりで自転車のノリでブレーキをかけたらガクッと急に止まって、危うくみぞおち辺りをやられるところだった。

2時間目

普通に雨降ってるけど教習は普通にあります(半ギレ

最初は実際にバイクに乗り、スロットルは回さずアイドリングだけで発進。もちろん半クラ通り越してそのままエンストした。そのままコースをぐるぐる走って感覚を覚えた。ある程度走ったらバイク用の8の字コースに入り、8の字コースの外周をぐるぐる走ってカーブの感覚を覚えた。だんだんスロットルを回すようになって、セカンドに入れて走るくらいまでやって終了。主に走ることに慣れるためにずっとぐるぐる走ってただけみたいな感じだったけど、これが結構楽しくてあっという間に1時間が過ぎていった。

感想

クラッチってすごい

普通二輪教習の記録 まえがき

6月初旬から普通二輪MT免許を取得するために都内某区の某ADACHI☆自動車学校に通っているので、これの記録でも残していこうかなと。ちなみに普通免許も何も持ってないです(アヘ

きっかけ

23区に住んでいると公共交通が便利すぎて車使うこと本当に無いんですよね。免許取るのにも金と時間がかかるので、必要性を感じないのに教習行ってもなぁ… 絶対飽きるだろうなぁ… ということで元々免許取るつもりは無かった。合宿免許もうーん… 行く友達居ないし…

そんなこんなでダラダラ大学3年間を過ごして無事今年度休学し、ニート生活を送りながら適当にネットを漁ってると、ふとコイツが目に入った。

f:id:protocol1964:20180612215024j:plain

は?クソかっこええやん

カワサキが今年2月に発売したNinja400の新型。詳しい説明は公式サイトへどうぞ。

www.kawasaki-motors.com

バイクのオタクじゃないので何もわからんけどとにかくカッコいいのはわかる。実際Ninjaは中学生くらいのときに駅前に止まってるのを見てカッコええなぁ(ハナホジ とかやってた程度だけど、バイク乗るならこれ乗りたいなぁみたいな思いはずっと昔からあった。

もはや一目惚れに近い動機で免許取得を決意、大学生協で手続きして教習所に行き、適性検査とか学科とか受けて次は技能教習が待ってる。

実車を見に行く

なんと都合がいいことに家から数分歩いたところにカワサキのディーラーがあったので、大学の先輩に同行してもらって実車を見に行った。店頭にNinja400の実車が置いてあったので、どんなものかと跨ってみた。俺バイク跨るのこれが初めてなんだが… とかビビりながら適当に座ると思ったより軽くてびっくりした。ひとつ下のNinja250と車体が共通なので400ccの割に軽いらしい。ほーん

店員さんと軽く話して見積もりを出してもらい、ETCとかDCソケットとか付けて86万とか出てきたけど見なかったことにした。

ここで250と400で悩むことになるのだけど、250は車検が要らないのがでかいよなぁ… と思いつつも「車検の時期になったら給料安定してるやろ(ハナホジ」というガバガバ理論で不安を一蹴して脳死状態で400に決めた。一応他のメーカーのバイクも色々見てみたのだけど、しっくりくるのが無くて結局Ninja400に決めた。

購入

オタクは我慢ができないので技能教習が始まる前にバイクを購入することにした。まぁ買っちゃえば後戻りできないしね ( ◠‿◠ )

こないだ行ったディーラーに行って、住民票だなんだとトントン拍子で契約手続きを済ませる。初心者(というか未経験者)だからと変に売りつけてくるわけでもなく、結構ぶっちゃけた感じで相談に乗ってくれる店だった。良かった。

ちなみに色は黒です。緑がよかったけど、KRTエディションはワチャワチャして見た目いじる幅が狭くなりそうだったので。オレンジも発色良かったので気に入ったんだけど+1.5万とかマジかお前… 黒だったら後からラッピングなりすれば好きなようにいじれるし、何色でも合うからね。

オプションはETCとDCソケットのみ。納車前にガラスコーティングしてもらうことにした。綺麗にしたいからね。ちょっと値が張ったけど誤差。

色々説明をうけて、保険とか考えといてくださいね〜 みたいな話も聞きつつ、頭金1割だけ現金で払ってあとは銀行振込という感じで店を後にした。別に全額現金でも良いけど足立区で100万円も持ち歩きたくないねn

そんなこんなで後戻りできない状態を作ったので、あとは淡々と教習をこなすだけとなった。